パーソナルトレーナーの常識を壊す

起業してプライベートジムを作る中で

プライベートジムの常識パーソナルトレーナーの常識を

ぶっ壊していきたいと思います。

壊す

売れるパーソナルトレーナー

プライベートジムでのパーソナルトレーナー

こう聞けば、クライアントに寄り添いながらプライベート空間で

マンツーマントレーニング、食事を指導

このように思うと思います。

トレーニング指導を受けている男性

その中でも業界の中で売れるトレーナーと言えば

コミニケーション能力や気づかいなどの

人間性が備わっている事は大前提として

スキルの面で言えば

・めちゃくちゃ勉強熱心で

トレーニング指導、

ストレッチ、マッサージなどの施術、

ピラティス、栄養士並みの食事指導など

なんでもオールマイティにこなせるトレーナー

言わば身体のスペシャリストのトレーナーが売れるトレーナーになってます。

なんでもオールマイティにこなせるトレーナーを売れるトレーナーと呼んでいきます。

『あのトレーナーの元にいけば身体の不調を解決してくれる』

『あのトレーナーの元にいけば身体の事はなんでもわかる』

そう思ってもらえたらトレーナーとして成功です。

【クライアントにとって唯一無二の存在になる】

こうなれば大成功です。

これが現在の売れるパーソナルトレーナーです。

これは個人でやってるプライベートジムでも

法人でやってる複数店舗と複数のトレーナーが在籍してるプライベートジム

どちらでも共通して言われていることです。

売れるトレーナーの苦労と限界

僕の経験上、売れるトレーナーを続けると

キャパオーバーになり確実にパンクします。

売れるトレーナーになると既存のクライアントが離れない状態で

新たなクライアントがやってきます。

1セッションはオールマイティに様々なことをするので相当疲れます。

しかもその相当疲れるセッション数が日に日に増えます。

1日の全セッションを終えると、クライアントを飽きさせないためにも

新たにセッションで導入できる事を勉強します。

それがトレーナーをしている期間永遠に続いていくのです。

先が暗い線路道

クライアントの数が限界にくれば休みなくセッションの毎日が続きます。

なかなかハードな毎日が待っています。

僕は売れるトレーナーまではいかないですが、

既存のクライアントの継続率は高く新規のクライアントも取っていたので

年間2000セッション以上までいき、キャパオーバーになって潰れてかけました。

だいたい1ヶ月に200セッションぐらいをして

プラスα店舗管理もしていたので

ご飯も食べず休みもなく、、、、、、

なかなかハードでした。

壁で落ち込む女性

まあ、そのおかげでプライベートでお金を使うことがなく

とことんお金が貯まって起業資金ができたので

有難いことでした。

 

現代の売れるトレーナーには誰にでもなれる

売れるトレーナーはとことん勉強を頑張りスキルをつけて

人間性が備わっていれば頑張り次第で誰にでもなれます。

全然トレーナーと関係のない仕事をしていて

30歳を過ぎてから売れるトレーナーになっている人もいます。

今では情報が無限に流れているので専門的な知識も腐る程落ちています。

必死に勉強すれば誰にでもなれます。

黒板にCANと書いている写真

売れるトレーナーになるノウハウを売っているトレーナーもいてるので

これから売れるトレーナーの数が増えていきます。

身体構造が急に変わることはありませんので

売れるパーソナルトレーナーとしてのスキルは基本的に変わりません。

施術内容、トレーニング内容もさほど変わりません。

なのでこれからは売れるトレーナー同士でクライアントの取り合いになります。

ですが売れるトレーナー同士のサービ内容が

差ほど変わらないのでその中で大切なのはより人間性の部分。

誰にトレーナーをしてもらいたいのかが勝負の分かれ目になります。

つまり

これからのトレーナーに大事なのは

【クライアントからの信用】です。

握手している様子

これからは信用を勝ち取るトレーナー

トレーナーとしてのサービス内容が変わらないので

人間力の高い信用を勝ち取れるトレーナーがこれからは勝ちます。

ですが売れるトレーナーになるためには

それなりの努力が大切で、さらにクライアントも増えてくるとなれば

信用を取りに行くこと

・細かい気配り

・心遣い

・親しみやすい個性

などが必要です。

1ヶ月200セッション年間2000セッションを

こなしながら勉強もしていく中で信用を取りに行くことも併用してできますか?

十何時間も働いてから勉強をしておそらく睡眠不足になる中

細かい気配りに目がいきますか?

正直難しいですよね。

驚いている女性

すでに勝ち組にいるトレーナーはおそらく

トレーナー業だけでの戦いに限界を感じてトレーナー業から少し離れて

スクール事業やアパレル業、マネジメントなどをしています。

なのでもう睡眠不足や働き過ぎに困らないステージにいるので楽しい暮らしをしながら

信用を勝ち取りに行けます。

これから売れるトレーナーを目指す人はそうはいきません。

仕事、勉強、睡眠不足と戦いながら

信用を勝ち取りに行かなくては行けません。

あなたは信用を勝ち取りに行けそうですか?

正直、僕は無理です。

勉強には好きな分野嫌いな分野がありますし睡眠不足だと頭が回らないので

信用を勝ち取りになんて行けません。

実際に年間2000セッションしているときは

そんなことに目がいきませんでした。

信用を勝ち取るためのプライベートジム

僕は好きな分野の勉強と信用を勝ち取りに行くために

起業をしたと言っても過言ではありません。

そのために選んだ道は

【分業制のプライベートジムです】

売れるトレーナーとしてではなく

売れるプライベートジムとして勝負していきます。

身体をマイナスの状態とプラスの状態に分けました。

幼い時の何も考えずにしゃがめたり真っ直ぐな姿勢のフラットな状態を0として

マイナスの状態は骨盤がズレていたり姿勢が悪かったり

身体の筋肉や関節が硬くなった状態、内臓の疲労が溜まっていたりと

身体の状態が0より悪い時です。

頭を抱えている男性

プラスの状態は筋力がついたり身体の可動域が良かったり

内臓の機能が良く代謝も高い0よりも良い時です。

身体が燃焼しているイラスト

マイナスなときに筋肉をつけて代謝をあげるために

筋トレをすると身体が思うように行かないので怪我をしたり

かえって姿勢が悪くなったりします。

なのでマイナスな時は0に戻すようなことコンディショニングを行い。

0の時はそこからさらにボディメイクをしたり

代謝を上げたり身体の機能を上げたりとパフォーマンスアップをします。

つまりマイナスから0にするコンディショニングと

0からプラスにするパフォーマンスアップは別の分野です。

売れるトレーナーはこれをまとめてやろうとしますが

僕はトレーナーとではなくプライベートジムとして

このどちらもしていきます。

つまりコンディショニングをするトレーナーと

パフォーマンスアップをするトレーナーの分業です。

そうすることで勉強の分野も絞れますし

セッションでもパフォーマンスアップに集中して指導ができ

コンディショニングが必要なくらいなんとには、

コンディショニングトレーナーに見てもらえます。

セッション中の意識するポイントが減り余力が残るので

信用を勝ち取りに行くことにも集中できます。

分業制でサービスレベルアップ

分業にしたらオールマイティなトレーナーで無くなるので

なんとなくクライアントが離れそうな感じがしますか?

確かにパフォーマンスアップのトレーナーから

コンディショニング目的のクライアントは離れます。

しかしコンディショニングが出来れば

その後はパフォーマンスアップにやってきます。

だんだん身体が披露して

コンディショニングが必要になれば

コンディショニングのトレーナーのもとにかえっていきます。

なのでクライアントは分業制のプライベートジムから離れることはありません。

循環している様子

信用も1人でするより確実に勝ち取れるので間違いありません。

サービスも完璧です。

コンディショニングの勉強パフォーマンスアップの勉強

両方の勉強をするより1つに絞ったほうが効率用学べるに決まっています。

陸上の十種競技の人が全種目の練習を全力でするより

短距離選手が短距離の練習を全力でする方が足が速くなるに決まってます・

もしパフォーマンスアップの分野にコンディショニングの分野が

絡んできてもコンディショニングのトレーナーに分かりやすく

解説してもらえれば楽勝です。

同じプライベートジムの仲間なので出し惜しみはしません。

そうすることでプライベートジムの信用は

自然と勝ち取れていくので

クライアントがいなくなることはありません。

これからの時代は

分業制のプライベートジムです。

  • py_ayumu
  • 日本の健康寿命を底上げを目指すパーソナルトレーナーです。
    日本の健康寿命を底上げするためのプラーベートジムを開業していきます。
    興味のある方はコメント、ラインの友達追加からメッセージお願いします。

1件のピンバック

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください