筋トレと身体の機能、超回復。健康的なダイエット

ダイエットを始めるとなって

最近ではほとんどの人がトレーニングを開始しています。

 

おそらく、あなたもトレーニングを頑張っているところと思いますが

トレーニングをすれば何故筋肉がついたり筋力が上がるのかご存知ですか?

 

筋肉のつく流れをご存知ですか?

 

インターネットで調べたり本を読めば書いていますが

正直なところ内容が分かりにくいと思います。

ハテナマークが出ている人

今回はそれを難しいことばや専門用語を使わずお話していきます。

筋トレと身体の適応能力

筋トレで筋肉をつけるのは身体の適応能力を利用しています。

 

生き物はその場の環境に適応することで

進化し続け、現在も絶えることなく存在しています。

 

環境に適応することを適応能力といいます。

 

筋トレと適応能力の関係ってなんとなく

イメージできますか?

 

さっぱり意味不明ですよね。

例えば

スクワットをした時、下半身の筋肉をつかいます。

重りを担いでスクワットをすれば

体重以上の負荷がかかります。

その時に身体は体重以上の負荷を与えられて

体重以上の重さを支えないといけない環境に適応しようと、

『体重以上の重さを持ち上げれる身体にならなければ』と

体重以上の重さを支えないといけない環境に適応しようと

身体が進化して筋肉がついたり筋力が上がります。

これが筋トレをした時の適応能力です。

身体が燃焼しているイラスト

なので、筋トレをするときは

何ヶ月も同じ重さ(負荷)でトレーニングせず

徐々に重さを上げていく必要があります。

 

なぜなら同じ重さでトレーニングをし続けると

その重さの環境に身体が適応し進化する事を辞めてしまいます。

 

 

筋トレをする時は徐々に重さ(負荷)を上げていき

身体に新たな環境を与へ続け

それに適応するようにしていかなければいけません。

 

なんとなく理解して頂けましたか?

 

まだ意味不明でしたら、

筋トレをする時は同じ重さ(負荷)でやり続けないで

徐々に重さを上げていかなければいけないという事だけ

理解して下さい。

筋トレと超回復

あなたは超回復というものをご存知ですか?

簡単にいうと超回復とは

身体がバージョンアップして回復することです。

 

筋トレをすると筋肉が損傷します

この損傷した筋肉が回復するときに

筋トレをした時の負荷に適応するために身体の適応能力が働き

筋トレをする前よりも筋肉が強化されて回復します。

これが超回復です。

瞑想している人

噛み砕いていうと

筋トレをして筋肉が損傷をして

それが回復して治るときは今まで以上に

強くなって筋肉が回復するということです。

 

なので筋肉をつけたり筋力を上げるために

筋トレをしても超回復しなければあまり意味がありません。

 

超回復をするためには

タンパク質やビタミン、ミネラルなど

筋肉を作るときに必要な栄養素が必要です。

なので筋トレ後はプロテインや食事が欠かせません。

 

そして最後に必要なのは睡眠です。

身体が新たな細胞を作り出して身体を修復する(新陳代謝)は

睡眠中が一番活発に起こります。

 

なので筋トレをした日に栄養も取らず夜更かししていると

どれだけ筋トレを頑張っても筋肉がつきません。

まとめ

基礎代謝を高めるためや体力をつけるため

ダイエットやボディメイク様々な目的のために

筋トレをしている方が多いと思いますが

 

筋トレ後は超回復を起こすために

栄養と食事には注意してください。

 

筋トレだけを頑張っても

筋肉はつきません。

 

大切なのは筋トレ、食事、睡眠の揃った

規則正しい生活です。

 

 

 

もっと具体的な話を知りたいって方、質問したい方は

是非、LINE@又はコメントお待ちしております。

 

  • py_ayumu
  • 日本の健康寿命を底上げを目指すパーソナルトレーナーです。
    少しでも多くの人にブログをみてもらい健康になってもらうことを祈っています。
    会いに来るパーソナルトレーナー活動もしています。
    興味のある方はコメント、ラインの友達追加からメッセージお願いします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください