面白い事をやる

僕が起業したプライベートジム事業の

売上の柱はパーソナルトレーニングとコンディショニングです。

ですがそれ以外の事も取り組む予定です。(既に進行中の物もあります)

とりあえず面白そうな事をやる

将来を見据えた時に

正直、一生パーソナルトレーナーをやっていくのはしんどいので、

パーソナルトレーナー以外でも、

僕に向いている物があるのではと実験的に

プライベートジムの中で色々とサービスをしていきます。

その中で大前提として【面白そう】な事は

どんどん取り組んどいます。

冒険

僕自身が【面白そう】と思うことにはお金を払うタイプなので

実際に展開することになる【面白そう】なサービスは

僕に似た【面白そう】にお金を払う人が

クライアントになってくれます。

サービスをしていく中で自分に考えが似ている人ほど

やりやすい人はいません。

実際にパーソナルトレーナーをやっていて

ずうっと継続してくれているクライアントさんは

感性が似ているので楽しくパーソナルトレーニングが出来ます。

お互いが面白い空間で

パーソナルトレーニングを出来ているので

お互いにやりやすいです。

感性の近いクライアント

僕的には感性が似ているクライアントだけを

相手にサービスを提供するのが仕事を楽しむには大切だと思います。

このような事を言ったら

『仕事を舐めてる』

『我慢する事が仕事だと』

僕の考えをダサい、負け組と言われる事もあります。

聞く

それはけっこー

僕的には色々な事を我慢して生活の為と嫌な事を嫌々仕事をしたり、

愚痴をこぼしながら仕事をして

常にイライラしているサラリーマンの方がよっぽどダサいと思います。

24時間のうち8時間寝て

残りの16時間のうち2時間イライラしながら電車で通勤して

8時間愚痴をこぼしながら仕事をして、

1日の半分ぐらいイライラしながら過ごしている人を見ると

こんな大人になりたくないとしか思いません。

『こんな大人になりたい』と思われるカッコいい大人を目指している僕と

常にイライラしているサラリーマンの意見が合うわけがないので

そういうサラリーマンがクライアントになる事も嫌です。

仕事だからと言っても嫌です。

こういう意識で仕事をしていると

僕と同じような感性のクライアント、似たようなクライアントが

僕のパーソナルを受け続けてくれているので

僕は不自由なくパーソナルトレーナーが出来ています。

面白そうなサービスで面白い人生

僕が面白そうなサービスにこだわる理由は

そのサービスを面白そうと思ってくれるクライアントが来てくれるからです。

僕の面白そうとクライアントの面白そうが同じなら

恐らくそのクライアントは僕と似たような人です。

意思疎通

ですので僕もその人がやっているサービスを受けたいと思います。

僕と同じようなクライアントがしているサービスは

クライアントも面白いと思っているサービスなので面白いに決まっています。

このように僕に似ている感性のクライアントのサービスを受け

そのクライアントにサービスを受けてもらいます。

そうする事でお金は僕とクライアントの中で回り続けるので

お互いが楽しくwin-winな関係になります。

最後に

この僕の理論を色んな人に話すと

だいたいの人が『あほ』『人生舐めてる』と言いますが

僕と感性が似ている人はそれは面白そうという反応をします。

こういう人たちと面白そうな事が出来れば最高です。

いずれ実現します。

  • py_ayumu
  • 日本の健康寿命を底上げを目指すパーソナルトレーナーです。
    日本の健康寿命を底上げするためのプラーベートジムを開業していきます。
    興味のある方はコメント、ラインの友達追加からメッセージお願いします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください