0カロリーの落とし穴不健康ダイエット。目指せ健康的なダイエット

ダイエットを始めようと思ったときに

まずは食べ物や飲み物のカロリーを気にしますよね。

カロリーを気にしているので実際に食品を選ぶ時

裏のカロリーのところの数値を見て商品を買う生活が始まりませんか?

そこからだんだん裏のカロリーのところの数値を

見るのが面倒くさくなり最終的に0カロリーのものを選んで

摂取カロリーを控えてカロリー制限ダイエットや太らないために

カロリーを抑えた食生活をしているのではないでしょうか?

 

確かに0カロリーのものを口にすると

カロリーがないので、その0カロリーの商品が原因で

太ってしまうことはありません。

 

ですが、

それと当時に痩せることも難しくなりますし疲れやすい身体になる場合もあります。

0カロリーの実態

自給自足で暮らしていた時代から

時が過ぎてめちゃくちゃ豊かな時代になった中で

0カロリーというカロリーを気にする人間には

奇跡的に近い食べ物や飲み物が誕生しました。

 

0カロリーといえば水もそうですが

水とは違い、甘かったり旨味があったりと

美味しく食べ飲みできる0カロリー商品は最高ですよね。

 

ですがここ最近わかったことがあります。

それは『実は美味しい0カロリー商品は結構やばかった、、、』です。

 

長年、先祖代々自給自足で自然から食べ物や飲み物を手に入れていた

私たち人間にとって0カロリーの商品は結構ヤバイものだったんです。

まず0カロリーの物はなぜ美味しいのにカロリーがないのでしょうか?

 

それは、人工甘味料や添加物など

科学の力で人類が作り出した調味料を使って

カロリーを抑えて誕生した食べ物や飲み物だからです。

 

人間の技術力や科学の力は素晴らしいですね。

いや、本当に科学の進化は素晴らしい。

 

ですが、

人間の身体はこの科学の力に対応できていません。

 

動物のお肉や魚、野菜や果物、水などの

自然から取れる食料を元素レベルで見てみるとシンプルなので

自然から取れるものはシンプルな食べ飲みものです。

それと反対に人工甘味料や添加物などは

元素で見るとめちゃくちゃ複雑で

言わば複雑怪奇な食べ飲みものです。

この複雑怪奇な食べ飲みものに身体は対応していません。

0カロリーの食べ飲み物が誕生してから何年も経ちますが

人類が誕生して自給自足を始めてからと考えれば

本当にごく僅かな時間しかたっていません。

 

人間は環境に対応して進化していますが

複雑怪奇な0カロリーの物にはまだ対応できていなかったのです。

複雑怪奇な0カロリーと身体

太ることはないですが、痩せにくくなるということで

この時身体では何が起きているのでしょうか?

 

例えば、

複雑怪奇な人口甘味料や添加物を含んだ0カロリーの甘いものを飲んだとします。

そうすると身体は糖類の飲み物と勘違いをして

体内で糖類を分解する作用を起こします。

ですが元素が複雑な複雑怪奇な0カロリーの栄養は

なかなか分解できません、、、、

まずこれで内臓が疲労して内臓機能が低下します。

そして身体がこれは糖類じゃなくて身体に悪いものだと思い

身体が新陳代謝での合成を辞めてしまい

人口甘味料や添加物の分解に栄養を使ってしまいます。

分解ではカロリーが消費されず

さらには新陳代謝で細胞の再合成がされないので身体がボロボロになってしまいます。

複雑怪奇な0カロリーのものを食べ飲みし続けると

内臓機能は低下し身体がボロボロになり

どんどん基礎代謝が下がってしまい、痩せにくい体質になってしまいます。

『痩せたい』

『ダイエットしたい』

このように思っているなら、

あなたが太らないと思って飲み続けていた

そのジュースは飲まない方が良いですね。

身体が進化して

人工甘味料や添加物をものともしない

状態になったらあまり気にしなくても大丈夫ですが

それは後何百年かかるかわかりません。

 

より詳しい内容が知りたい方、質問をしたいって方は
是非LINE@の友達追加で
メッセージを下さい!コメントお待ちしております。
  • py_ayumu
  • 日本の健康寿命を底上げを目指すパーソナルトレーナーです。
    少しでも多くの人にブログをみてもらい健康になってもらうことを祈っています。
    会いに来るパーソナルトレーナー活動もしています。
    興味のある方はコメント、ラインの友達追加からメッセージお願いします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください