ダイエットのポイントの一つは睡眠。健康的なダイエット

カウンセリングで来るお客さんで

食事や運動は頑張っているのに痩せないという人がいます。

あなたもそのような経験はありませんか?

食事や運動だけでなく実は他にも大切なことがあります。

それが【睡眠】です。

 

睡眠はダイエットをするにあたって大事なものになります。

どれだけトレーニングや食事制限を頑張っても

睡眠がしっかり取れないと成功するのは難しくなります。

「食事は野菜や肉などバランスよく栄養を取れていて

睡眠時間を削って仕事終わりにトレーニングをしているのに、痩せません。」

 

この前カウンセリングしたお客さんが言っていたことです。

 

あなたはこのような状況になっていませんか?

個人差はありますが、これだとどれだけ頑張っても

その頑張りに身体は応えてくれず、痩せてくれません。

睡眠と肥満

とある大学の研究で

睡眠時間が7時間の人に比べて

5時間は50%、4時間だと70%も肥満率が上がると言われています。

時間を表している時計

個人差があり、

人それぞれ自分にあった睡眠時間があるので

この研究の数値が絶対とは言えませんが、

睡眠が肥満に影響している事は事実です。

睡眠時間が短い人が肥満になりやすい理由として

人間は寝ている時にカロリーを結構消費します?

『寝ているだけなのに?』

こう思いますよね。

気持ちは寝ているだけでも

その寝ている時身体の内側はめちゃくちゃ活発に活動しています。

 

質の高い睡眠と低い睡眠

睡眠には質の高いものと低いものがあります。

同じ時間寝ていても

寝起きがスッキリする時としない時はありませんか?

睡眠をとるなら質が高い方が良いに決まっています。

質の高いを睡眠を妨げ無いために次のことを注意していきましょう。

ベッドで横になっている女性

  • 寝る前はカフェインを取らない
  • 明かりを消して寝る
  • 寝る前に筋トレをしない

寝る前はカフェインを取らない

 

カフェインは脳を活性化させます。

脳の機能がオフ状態の方が睡眠の質が高くなります。

脳が活性化していると機能がオフ状態にならないので

睡眠の質が下がってしまいます。

明かりを消して寝る

目に光が入っていると睡眠の質が低くなります。

目を閉じていても光は、まぶたを貫通して

目に光の刺激が入るのでなるべく明かりは消しましょう。

 

寝る前に筋トレをしない

筋トレをすると筋肉が強張りアドレナリンも出ます。

睡眠の質は身体がリラックス状態の方が高くなります。

筋肉が強張ると身体がリラックス状態になりません。

そしてアドレナリンが出るので脳も活性化してしまいます。

寝る前は筋トレではなくストレッチがオススメです。

睡眠と新陳代謝

睡眠と肥満の関連性の一つとして

あげられる一つの要因は睡眠時の新陳代謝にあります。

新陳代謝といえば

身体の細胞をカロリーを消費しながら新しく作り変えていく事です。

基本的に身体の修復機能や体内の機能は

起きている時より寝ている時の方が活発になるので、

睡眠中は新陳代謝が活発に起き、カロリーを消費できます。

 

睡眠時間が短くなると

新陳代謝が活発な時間が短くなるので

エネルギーを使う場所がなく、

エネルギーを溜め込んでしまい肥満に近づきます。

先が暗い線路道

では、永遠に眠り続ければ良いのか?

という極端な考えの人もいますが、

新陳代謝は細胞の元となる

「タンパク質」「脂質」「水」

さらには

新陳代謝を起こす

「ビタミン」「ミネラル」

これらが無いと起きないので、ただ寝続けても痩せません。

 

食って寝て食って寝てを繰り返しても

質の高い睡眠ができなくなるので

寝続けていても痩せる効果がなくなっていきます。

永遠の眠りは筋肉が衰えていくので

自然と代謝が下がっていきます。

まとめ

 

痩せるためにも健康のためにも

睡眠は大切です。

 

しっかりと睡眠時間を確保するためにも夜更かしは控えましょう。

そして質の高い睡眠をとるように頑張ってみましょう。

より詳しい内容が知りたい方、質問をしたいって方は
是非LINE@の友達追加で
メッセージを下さい!コメントお待ちしております。
  • py_ayumu
  • 日本の健康寿命を底上げを目指すパーソナルトレーナーです。
    少しでも多くの人にブログをみてもらい健康になってもらうことを祈っています。
    会いに来るパーソナルトレーナー活動もしています。
    興味のある方はコメント、ラインの友達追加からメッセージお願いします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください